じゃばのひまつぶし:ExcelVBAによる競馬ソフト自作教室とJRA-VAN登録ソフト(おずたんシリーズ)のサポートサイトです。
 JRA-VAN Data Lab対応 登録ソフト

           
おずたん(Oztan13.xls)トップ
おずたんトップ

(更新2016-02-27)

ホームへ

「おずたん」概要へ

「おずたん」目次へ

前ページへ戻る

次ページへ

 
「おずたん」(Oztan13.xls)をご利用いただきありがとうございます。
「おずたん」は、ExcelでJRA-VAN データの時系列オッズ(単複・馬連)を分析し、複勝オッズを基準にして、単複・馬連の異常オッズを分析し、ユーザーの予想を支援するソフトです。
「おずたん」は非蓄積系ソフトなので、データの蓄積が不要で時間が取れる週末だけでも利用できます。

「お知らせとバグ情報」  最新情報:2014年-06-05(V.1.3.8対応)

(注)説明用の図やデータには引退した騎手・調教師などのものもありますが、ご了承ください。
「おずたん」機能概要
@オッズ分析
 取得した時系列オッズ(単複・馬連)から、午前中の基準時刻(*1)における単複・馬連オッズを分析し、複勝オッズを基準にした単勝オッズ・馬連オッズの順位の逆転や偏り(“断層”、“集中”)などの異常(イレギュラー)を色分け表示します。
 分析するデータは、単複オッズ・得票率の差、馬連得票率と単勝得票率の差異、単複人気のずれ度合いなどです。

 分析結果は、開催場所毎に1R12Rを1つのワークシートに表示します。また特定のレースを選択して基準時刻および最新時刻のオッズ比較をすることができます。またオッズの様子をグラフでみることもできます。

 (*1)オッズ分析の基準時刻は、レースの発走時刻により変わりますが、9:3010:00です。あらかじめ設定していますが、バージョンV.1.3.0以降では、ユーザーが時刻を設定できるようになりました。


Aデータマイニング予想値(DM)の分析
 DM
JV-Dataに含まれているデータで一種の能力指数のようなものです。その値は走破タイムに換算されて提供され、DM値が上位の馬が1〜3着内に来る確率は比較的高いようです。「おずたん」ではDM値の比較を行い、上位の馬と下位の馬とのDM値の差が大きいものを“断トツ馬”としてピックアップします。

また休養明けの馬の標準DM値は下位になる場合が多いですが、ばらつき補正後の値は上位になる馬もあり、時として穴をあける場合があります。こういう見かけ上の下位DM値の変化を表示します。

B注目馬登録
 
次走で狙いたい馬(推奨馬)あるいは買いたくない馬(危険馬)を登録しておくと次走に出走する場合に表示します。

C調教師・騎手コンビ登録
 
調教師・騎手が親子・親戚など特別な関係にある場合、ここぞというときに有力馬で好走するケースがあります。気になる関係を登録しておくとコンビ出走時に表示します。

Dリーチ機能
 
あと1勝で何百勝達成と区切りになる場合、その手前の“*99”勝で“リーチ”を知らせます。対象は調教師・騎手・馬主です。この機能はリーチ以外でも任意に設定・解除できます。

E波乱度予報
 
レースが固く本命サイドで収まるのか、あるいは荒れるのかを予測する機能。現在は、馬連の“本命”と三連複の“万馬券”を予報していますが、単純にオッズの分布で決めているので、精度はあまり高くありません。

 [主な画面]   『おずたん』でよく使う画面例をご紹介します。
@「レース一覧」シート
一番よく使うトップ画面です。基本的な操作はこのページから行います。
下図は“2006年3月12日”の開催日の全場所のレースを解析した結果です。
中央部の“おずたんウォッチャ”部分に各レースの単勝1番人気のオッズレベルやイレギュラーの特徴を表示します。


A「レース詳細」シート
「レース一覧」シートの任意のレースの行をダブルクリックすると、そのレースの詳細情報を表示します。通常画面は2つあります。
「レース詳細1」---午前10時30分頃の”オッズ”を分析した結果です。図は上の「中山牝馬S]の例。
(1)“複勝人気順”(表の中央部)に並べています。オッズの差によりセルを色分けしています。
(2)“単勝人気”、“馬連人気”が逆転している箇所はイレギュラー(異常)があるとしてセルをカラー表示します。オッズ差が1.5倍以上ある場合は“断層”として赤線で区切ります。上下どちらからも2倍以上の“断層”のあるセルは赤色表示。
(3)“複勝人気順”を横軸に、“単・複・馬連”の得票率を縦軸にしたグラフを表示します。バランスのずれた馬が馬券に絡むことがよくあります。馬番10、01、13が“単複差”が大きいことが分かります。


「レース詳細2」---同じ「中山牝馬S」の図です。時刻は「レース発走後」ですが、レース直前に解析すれば、午前と直前の比較ができます。上図と比べると
(1)馬番10の人気が1番にアップ。(結果1着)
(2)馬番01の人気が朝の複勝人気5位から2位にアップ(3つ以上アップしたものは中央の馬番欄を黄色表示)。逆に3つ以上下げた場合は青色(馬番07)。
(3)馬番13は朝のイレギュラーの痕跡が残っている。(結果3着)
(4)グラフは直前(締め切り時点)ではあまりイレギュラーが目立たない。
レース結果は、馬番01は休養明けのせいか着外。しかし、馬番13を買目に入れていれば三連複\7,260、三連単\26,380は取れるかも。。。


B「各場所のオッズ分析表」シート

下図は、3月25日の阪神の11R「毎日杯」の“オッズ分析表”の一例です。時刻は午前10時頃の分析結果で、表の左側が、“複勝人気順”に“単勝”、“馬連得票率(馬連を馬番得票率に換算)”を並べ、イレギュラー状態を表示。右側は“馬連得票率”が1位の馬番を基準にして“馬連オッズ”を人気順に並べ、オッズの“集中”、“断層”でセルを色分け表示します。赤色のところはオッズ差が10%以内で、馬番10が2着に来ているように、“集中”や“断層”の前後の馬が馬券に絡むことがよくあります。

表の下側の“馬連分布欄”は、馬連オッズの分布状態を示します。オッズは“3倍”を基準に1.6倍ずつ区切り、そのゾーンに含まれるオッズの点数を表示します。“おずたん分布”は、馬連全体の分布を示し、“じゃば分布”は馬連得票率(馬得)1番人気の馬を基準にした馬連オッズの分布を示します。この分布の差異の出方でレースの荒れ方が推測できるかも。。。


下図は、上図のような各レースの“オッズ分析表”を同じ日の「阪神」の1R〜12Rまでを一覧にまとめて表示したものです。図で赤色の部分がオッズが“集中”しているところですが、レースによる違いが把握できます。個々に見ると荒れそうなレースや固そうなレースがある程度分かります。狙うレースを絞るのに使えればと思い作りました。(最大3場所分の一覧シートを作ります)


C「DM成績」シート
JV-Dataには“データマイニング(DM)”という一種の能力指数のようなデータがあります。数値は走破タイムに換算された値で、DM順位が上位のものがよく馬券に絡みます。
下図は、DM順位が1位の馬についてクラス別・単勝人気別に着順成績分布をまとめたものです。
「おずたんミニ」はこういうデータを蓄積できます。意外な穴馬も発見できたり、馬券の買目検討に有効ではないかと思います。
「皐月賞」の“メイショウサムソン”はDM1位の7番人気でした。
騎手別に成績分布を見ることもできます。


他にもいろいろな機能がありますが、詳しくは「おずたん」利用マニュアルをご覧ください。

ページトップへ
 Copyright(C):Jaba 2000-2012